海外転勤、クレジットカードはどうする?

海外転勤、クレジットカードはどうする?

海外転勤が決まったら、現在使用しているクレジットカードはどうするべきか悩みますね。
クレジットカードがない方は、日本でつくるべきか、現地のクレジットカードをつくるべきか、なんて不安もありがちです。
そこで、海外転勤時のクレジットカードのつくり方から利用についてを簡単に説明していきたいと思います。
現在日本では、世界各国で使用できるクレジットカードが複数存在します。
基本的には、マスターカードとVISAカードどちらか一方に属していれば大丈夫といえます。
嬉しい事に、日本のクレジットカードは、海外でつくられている物よりも金額の上限が高く設定されています。
もしも現地のクレジットカードが限度額オーバーで使用困難になった場合は、日本のクレジットカードを使用すればOKです。
現地のクレジットカードは限度額が低く、不便に感じる事が多々あるので、日本のクレジットカードを持っていると安心です。
では、現地のクレジットカードにはどんなメリットがあるのでしょうか?
それは、小さな事ですが手数料が安かったり、為替の変動がない為、いつでも同じ値段で買えるという事です。
日本同様、銀行口座を作る際に、クレジットカード利用の旨を伝え、保障金を支払うと、その銀行ですぐに発行してもらえます。
ただし、アメリカだけはちょっと変わっているので注意してくださいね。
海外に転勤するのなら、日本と現地で一枚ずつクレジットカードをつくり、用途に応じて使い分ける事をお薦めします。