海外転勤、住宅ローン控除はどうなる?

海外転勤、住宅ローン控除はどうなる?

マイホームを購入した途端に、海外転勤になったという話をよく聞きます。
そういう場合、単身赴任を余儀なくされるか、マイホームを諦めてしまうか、どちらかが多いようです。
ここで疑問に思うのが、住宅ローンの控除です。
海外に転勤になった場合はどうなるのでしょうか?
実は、海外赴任中は非居住者になるので、残念ながら住宅ローンの控除の適用は受けられません。
日本での所得税の課税対象外になってしまうのです。
これは、単身赴任であっても、家族で転勤しても同じことが言えます。
ただし、単身赴任の場合は一度でも入居していれば、帰国後は住宅ローン控除が受けられます。
でも、海外赴任中期間は、家族がマイホームに住んでいても関係なしです。
家族全員で転勤した場合は、一度でも住宅ローン控除を受けた実績があれば、帰国後に控除を受けることができるようになるそうです。
しかし、実績がなければ、帰国後も住宅ローンの控除は受けられません。
例えば、その年の初めにマイホームを購入し、年末に海外赴任してしまったような場合は、帰国後も控除が受けられないのです。
少し納得のいかない話ですが、もしも海外赴任の可能性があるのであれば、マイホームは年度末に向けて購入するようにしましょう。
会社の都合で転勤になったのに、住宅ローン控除が一切受けられないなんて悔しいですものね。
マイホームは高い買い物ですし、払う税金は少しでも安くしたいものです。