海外転勤の前に海外に銀行口座を作っておく?

海外転勤の前に海外に銀行口座を作っておく?

転勤先が海外になった場合、現地で必ず必要になるのが海外口座です。
現金のみでの生活というのは、治安にもよりますが、かなり無謀だといえるでしょう。
やはり海外の銀行口座は、海外で生活していく上でなくてはならないものです。
そこで、海外の銀行口座開設を日本でする場合と、海外でする場合について、簡単に紹介したいと思います。

 

まずは、日本で海外口座を作る場合です。
現地へいく事なく、日本で海外の口座開設が可能な銀行は、三菱東京UFJ・シティバンクなどがあります。
ですが、現在はプライバシー保護やセキュリティー強化の為に、非常に規制が厳しくなってきています。

 

次に、海外で口座開設をする場合。
海外で開設する方法は、現地の銀行・転勤先の国・転勤先の会社によって大きく変わってくるので、勤務先へ前もって確認しておくといいでしょう。
海外は基本的に即日開設可能なので、一週間程度で日本から入金可能になります。
したがって、最初に持っていく現金は、一週間生活する額だけで大丈夫です。

 

口座を開設したら、通帳と一緒にキャッシュカードもつくるのが日本では一般的です。
でも、海外で使用できる国際キャッシュカードは、手数料がビックリするほど高額なんです。
ですから、どうしても必要な場合でなければ、無理にキャッシュカードを作らない方がいいかもしれません。

 

このように、海外口座を開設するにあたっては、大きく分けて二通りの方法がありますが、日本の規制が厳しくなってからは、海外で口座を開設する人が増えているようです。