海外転勤の良かったこと悪かったこと

海外転勤の良かったこと悪かったこと

海外転勤になって、良かったこと悪かったことって、どんなことでしょうか?
もちろん、最初は慣れない外国暮らしになじめなくて大変だったと思いますが、年月が経つにつれて良いところがたくさん出てくるでしょう。
海外転勤経験者によると、一番良かったことは、日本では経験できないような文化に触れることができることです。
やはり、短期間旅行するだけでは、その国のよさはわかりませんよね。
また、現地で暮らすことで、英語などの外国語が一段と上達できた方が多いようです。
社交的な方なら、現地の友達がたくさんできることもあるでしょう。
さらに、海外勤務を経験したことで、スキルも上がり、帰国した際に昇格した方も多いはずです。
逆に、悪かった点をあげると、海外生活が軌道に乗るまでが大変だということがあります。
日本でも、現地でも、しなければならない手続きがたくさんありますし、ちょっと病院にかかるだけでも大変です。
現地の言葉が不自由なく話せれば、困ることも少ないでしょうけど、それほど話せない場合は日本語でも対応してくれる病院を探さなくてはいけません。
子供がいる場合は、学校の問題もありますよね。
海外の学校に通うことで、子供の視野や世界が広がってプラスになるということもあれば、上手くなじめなくてホームシックになってしまうということもあるでしょう。
子供が海外の習慣になじみすぎて、帰ってきてから日本の学校に通う際に困るということもあるかもしれません。