海外転勤でよく起こるトラブル

海外転勤でよく起こるトラブル

海外転勤でよく起こるトラブルには、どういうものがあるのでしょうか?
まず、海外だと住居のトラブルをよく聞きます。
転勤となると、ほとんどの人が賃貸住宅に住むでしょう。
日本でも住居のトラブルはありますが、現在は管理会社がしっかりしていて、大抵はちゃんと契約に乗っ取った対応をしてくれるものです。
ですが、海外では入居中の住居の修理などは、貸し主側・借り主側できちんと決まっていない場合があります。
トラブルを回避するためには、借りる際にきちんと確認しておきましょう。
借り主負担になると、修理に膨大な費用がかかってしまうこともあります。
もちろん会社が負担してくれるのであれば問題ないのですが・・・。
居住する地域によっては、近隣の人との付き合いが大事になることもあるでしょう。
その地域でのマナーは守るようにしないと、トラブルに発展する可能性もあります。
事前にその土地の地域性や、マナーについて調べておくといいと思います。
日本は治安の良い国であることを海外に行くと痛感することが多々ありますよね。
赴任先にもよると思いますが、盗難などのトラブルも日本より起きやすいでしょう。
犯罪に巻き込まれないためにも、しっかり防犯対策をしておく必要があると思われます。
また、気候も環境も違う国ですから、病気などの健康上のトラブルも起きやすいです。
健康保険制度のある日本と違って、外国では病院にかかると高い費用が要る場合があります。

会社での制度や保険についてはきちんと調べておきましょう。