海外の移住先ランキングで上位に来る国って?

海外の移住先ランキングで上位に来る国って?

海外移住といえば、日本人にとっては、「せめて英語が通じる国が良い」と考える人が多いのではないかと思います。
また、出来るだけ温暖で気候の良いところを希望される方が多いのではないでしょうか?
しかし、テレビ番組などを見ていると、案外アジア圏に移住している方々も多いようです。
その理由の一つとしてあげられているのが、「物価が安いから」というものです。
先進国は様々な面で便利なことが多いですが、その反面、物価が高いというのが一般的です。
でも、発展途上国の場合には、物価が安くて自然が多いというのがなんといっても一番の魅力ではないでしょうか?
最近では、スローライフなどという言葉とともに、老後は田舎でのんびりと暮らしたいと考える人も増えていますよね。
海外移住を考える方たちの中にも、スローライフを夢見て敢えて田舎を選ぶ人もいるようです。
では、日本人の海外移住先として、実際にはどんな国の人気が高いのでしょう?
実際に移住するとなると、言葉・物価・日本人コミュニティー・治安・気候・利便性・医療事情・人種差別(嫌日国)・衛生状態など、さまざまな面から考えなければなりません。
何を優先させるかによっても、移住先選びには違いが出てきます。
日本人の移住先として人気が高いのは、アジア圏ではマレーシア、オセアニアではオーストラリアの人気が高いです。
それ以外の地域では、ハワイ(アメリカ)やカナダの人気が高くなっています。
その中でも、特に人気が高まっているのがマレーシアでしょう。