海外の移住先で掛かる費用っていくらぐらい?

海外の移住先で掛かる費用っていくらぐらい?

老後を海外移住でと考える人がますます増えている昨今ですが、その理由の一つに老後の生活費の問題があります。
日本の東京や大阪は、世界的にも物価が高いことが知られています。
ですから、海外移住をすれば殆どの場合が、「日本で生活するより生活費を抑えることが出来る」のです。
では、具体的にどの程度の生活費用がかかるのでしょうか。
それは当然、「どの国に移住するか」で全く違ってきますから、具体的な金額で提示することは出来ません。
まずは、どの国に海外移住するかを決めてから、物価を調べる、あるいは、候補地の物価を比較しながら、何処に移住するか決定するということになるでしょう。
日本は物価が高いことが有名ですが、特に日本で高いのは住居費と光熱費です。
特に、土地代とガソリン代が高額なことは有名ですよね。
一般的には、大抵どの国に行っても、ほとんどの食材は日本より安いことが多いと言われています。
しかし、国によって入手できる食材が限られていたり、味噌や醤油・日本茶など日本食の食材に関しては日本で買うよりずっと高いのが一般的ですから、そういった事は覚悟しておく必要があります。
とはいえ、生活水準を高く保とうとすれば、どんな国に行っても生活費がかさむのは誰にでも分かりますよね。
食材が日本より安いと言われていても、結局は高い日本食材や高級食材ばかり使うようでは、決して安い生活費で済ませられるものではありません。
食事は毎日のことですから、事前に現地の食材が口にあうかを確かめておいたほうが良いでしょう。