海外移住するならやっぱり英語は必須?

海外移住するならやっぱり英語は必須?

最近では、老後の生活を海外で過ごしたいと考える人も増えているようです。
テレビの特番などで取り上げられることもしばしばあるため、海外移住を夢見る人はますます増えています。
しかし、海外移住で一番のネックとなるのが言葉の壁です。
これを理由に断念する人も多いのではないでしょうか?
海外移住にあたって、英語力はどの程度必要なのでしょう?
もちろん、移住する国によっても違ってくるはずです。
英語圏なら英語が少しでも出来るに越したことはありませんが、そうでない場合には出来れば現地語を覚えたいものです。
観光地の商店やホテルなどでは、大抵どんな国でも英語が通じますから、海外旅行の際にはやはり英語が身についていればかなり楽なことは間違いありません。
でも、英語が母国語でない国の場合には取り立てて英語力が必須ということにはなりません。
それに、日本人が移住するような国々では、日本人コミュニティーのようなものがあるケースも多く、日本人が沢山集まっているような場所であれば、生活にはそれほど困らないケースもあるようです。
とはいえ、やはり少しでもその国の言語を覚えれば、それだけ行動範囲も広げることが出来ます。
移住生活も楽しく、有意義なものになるのは間違いありません。
そうなると、日本の義務教育で唯一習う英語が日本人にとっては一番馴染み深く、覚えやすい言語といえるでしょう。
必ずしも必須というわけではありませんが、その後の人生を海外で過ごすつもりであれば、やはり自分のためにも少しでも英語力をつけておきたいものですね。